So-net無料ブログ作成
検索選択
Garmin魚探 ブログトップ
前の5件 | -

Quickdraw Contours等深線色分け方法 [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

今日は、Instagramでフォローしている方から、Quickdraw Contoursの色分け方法の問合わせを受けたので設定方法を掲載します。

Quickdraw Contoursとは下記②のよう魚探のみで等深線を作図してくれる機能になります。因みにGarmin CHARP echoMAP以上の機種で使える機能になります。

【設定方法 Ver:3.80】
①ホーム画面で『地図』を選択して『SELECT』


②地図画面で『航海図』を選択して『SELECT』


③航海図画面で『MENU』を押下


④航海図項目画面で『Quickdraw Contours』を選択して『SELECT』


⑤Quickdraw Contours画面で『設定』を選択し『SELECT』


⑥Quickdraw設定画面で『深度陰影表示』を選択し『SELECT』


⑦『深度陰影表示』で『新規深度レンジ』を選択し『SELECT』
 ちなみに私のホームは50m以下なんで、下記のようになってます。


緑:0.1~10m設定例


水:10.1~15m設定例


Garmin使えばアオリイカ爆釣も間違いない? [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

rssでチェックしてるブログに大変良い情報が載っておりました。(2016/11/6の記事ですけど。(^0^)
記事へのリンクと画像の使用の許可も頂いております)

Garmin使いこなせば、アオリイカの爆釣も夢じゃない?みたいです。

o0480027013792352940.jpg記事の中で使ってる振動子は、私が使ってる物と同じ型番のGT52HW-TMです。

まず、アオリイカの写り方です。底の上の5m付近の反応がアオリイカの反応となります。



また、泳がしている状況では、小刻みに動いて写るみたいです。画像は、アオリイカをラインで縫ってダウンショットリグで泳がしている状況なので、少し実際の写りとは違うかもですけど、バッチリ写ってます。(下の方の反応はダウンショットのシンカーの反応です)



水温16℃超えたらホームポイントでアオリイカの反応を探してみたいと思います。若しくは新規開拓かな?





タグ:GARMIN

振動子変更検討 [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

釣りに行けないので、仕事の合間に釣りの事ばっかり考えてます。(^0^)

魚探の性能を引き出すために、振動子の交換を考えております。候補はサイドビュー対応の下記の2つになりす。Garminって振動子種類有りすぎです。

GT51M-TM ¥108,000税込
 CHIRPダウンビュー:500W(465-445/275-245khz)
  実用最大深度:300m(塩分濃度で変化)
 CHIRPサイドビュー:500W(465-445/275-245khz)
  実用最大幅:450m(深度塩分濃度で変化)
 CHIRP MID通常魚探:600W(160-80khz)
  実用最大深度:400m(塩分濃度で変化)

GT41-TM ¥64,800税込
 CHIRPダウンビュー:500W(465-445/275-245khz)
  実用最大深度:300m(塩分濃度で変化)
 CHIRPサイドビュー:500W(465-445/275-245khz)
  実用最大幅:450m(深度塩分濃度で変化)
 HD-ID通常魚探:600W(200/50khz)
  実用最大深度:600m(塩分濃度で変化)

主な違いは通常魚探がCHARP対応しているかと、通常魚探の周波数と思います。魚探の性能を使えてないので、どちらを購入しても違いが分からないと思います。(^0^)

お金が有れば、日本の代理店から購入すればよいですが、GT51で10.8万、GT41で6.48万と凄い高いです。そこで、海外のオークションで出品されてる商品の購入を検討してます。まぁ、リスクはかなりあると思うけど、送料、税金合わせて35~50%はかなり魅力です。

どうしようかな?

ヘディングセンサー接続部品 [Garmin魚探]

先日、購入したヘディングセンサーを日曜日にカヤックに取付けましたが、配線が短かったので、やり直すことにしました。

配線、コネクター購入は、今回はAmazonです。カー用品店で購入するより安いですね~。



ヘディングセンサー調子良ければ、純正品に取り替えるかも?(続きを読む)


QuickDrawのデータ容量とファイル構成他について [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

昨年から自分が使っているGarmin魚探の事を色々調べております。最近、QuickDrawの情報が多く取り上げられており、
前から少し疑問に思っていたデータ容量とファイル構成について、購入した代理店のボトムハウスさんに問い合わせを行ってみました。親切にムチャクチャ詳しく回答して頂きました。(赤字が回答となります)

Q1>ホームページに2GBで1,500時間のデータを保存できることとなっておりますが、1,500時間の考えが良く分かりません。これは単純に1,500時間データを取得した場合2GB使うということでしょうか?

回答を読む


前の5件 | - Garmin魚探 ブログトップ